業務用生ゴミ処理機の処理方式の比較

業務用生ゴミ処理機には一般的にバイオ式、乾燥式、炭化式の3種類あります

一般的に生ゴミ処理機にはさまざまな処理方式があります。
そのなかで業務用で一般的に普及している種類は、主に「バイオ式」「乾燥式」「炭化式」の3種類があげられます。

業務用生ゴミ処理機の3種類それぞれ特徴が異なりますので参考にしてみてください。

バイオ式生ゴミ処理機
画像はイメージです

画像はイメージです

バイオ式生ごみ処理機は、微生物、特に好気性微生物によって生ごみ等の有機物を酸化分解し、最終的には二酸化炭素までに分解し、これによって生ごみの減量化や汚物感、汚臭の解消を行います。そのため、バイオ式生ごみ処理機の機能は、好気性微生物に適した環境を作ることです。
メリット
ランニングコストが安い – 微生物の力を借りて、分解を行うため乾燥式生ゴミ処理機と比較的ランニングコストがかからない。

乾燥式生ゴミ処理機
画像はイメージです

画像はイメージです

乾燥式生ごみ処理機は、ヒーターなどの熱源や温風等による加熱によって、生ごみ中の水分を蒸発させ、生ゴミの乾燥、攪拌、破砕により減量化と微生物の不活性化による衛生化を行う。温風を当て続けなくてはいけないため、消費電力・燃料費が高いことがデメリットです。
メリット
機械的に蒸発を行うため、バイオ式のように微生物の生育環境を整えなくてもよい。
デメリット
温風を当て続けなくてはいけないため、消費電力・燃料費が高い

炭化式生ゴミ処理機
画像はイメージです

画像はイメージです

炭化式生ごみ処理機は、生ゴミを電熱・温風・マイクロ波等を利用して、乾燥型よりさらに高温状態をつくりだし炭化させます。乾燥型と同様に減量が目的になりますが、生成物は炭としては燃料、土壌改良材として使われます。可燃物として処理することもできます。

デメリット
乾燥式と同様に消費電力や燃料費が高くついてしまいます

業務用生ゴミ処理機HITECHは生成物も残さずすべてを水に分解する、バイオ式生ゴミ処理機です

hitech

上記の3種類の処理のなかでHITECHはバイオ式生ゴミ処理機に該当します。
コストも衛生面も環境面もすべてクリアできる、次世代の業務用生ゴミ処理機なのです。
しかも他社のバイオ式生ゴミ処理機に比べても、デザイン性やコストパフォーマンス、性能までもが自信を持ってオススメできます。
これから業務用生ゴミ処理機を導入される企業様はもちろん、今使用している業務用生ゴミ処理機の性能や衛生面・臭いの問題にお悩みの企業様におすすめです。